Birdland-tokyo.jp はここではもう利用できません。 代わりにbird-land.co.jpにアクセスしてください。

東京タワー

長きにわたり街のシンボルとして、大都市東京を見守ってきた東京タワー。その主要な役割だったテレビ放送の電波送信が、2018年9月をもって終了しました。もちろん、現在も東京の街に欠かせない東京タワーの存在ですが、1つの時代が終わったという郷愁は感じざるを得ません。

世界一の塔として

完成した1958年当時、東京タワーは世界一の高さを誇る塔でした。それは戦後日本の経済復興の象徴でもあったのです。建設に携わった人数は延べ20万人を上回り、総工費約28億円は、現在の価値に換算すると約300億円にものぼるものです。まさしく日本という国の威信を賭けた事業が、この東京タワー建設だったのです。

現在の東京タワー

テレビ放送の電波送信が終了し、同時に40年続いた東京タワー水族館も閉館しました。それでも東京タワーは、まだまだ健在です。ラジオ放送の電波送信は引き続きおこなわれ、東京の街を見渡す絶景の展望台は、これからも多くの観光客を楽しませることでしょう。